スポーツ

「周東佑京 vs. 鈴木尚広」どっちが速い?

2019年、福岡ソフトバンクホークスの『周東佑京』が代走のスペシャリストとしてブレイクしました。周東は「2019 WBSCプレミア12」でも日本代表として盗塁を決め、優勝に貢献しました。
NPB最高の「代走のスペシャリスト」といえば、代走での通算盗塁数の日本記録を保持している、2016年に引退した『鈴木尚広』です。
この代走のスペシャリストの二人を比較したいと思います。

プロフィール

  鈴木尚広 周東佑京
生年月日 1978年4月27日 1996年2月10日
投打 右投両打 右投左打
身長 180cm 179cm
血液型 A型 A型
出身地 福島県 熊本県
50m走 5.7秒 5.7秒

鈴木は元々右打ちでしたが、俊足を活かす為に左打ちとなりました。
また、50m走タイム両者とも5.7秒だそうです。

経歴

アマチュア時代

  鈴木尚広 周東佑京
高校 福島県立相馬高校 東京農業大学第二高校
甲子園出場 なし なし
大学 高卒でプロ入り 東京農業大学(北海道)

鈴木は高卒、周東は大卒です。両者とも甲子園に縁はありませんでした。

プロ入り

 





鈴木 1996年 4位 契約金5000万円 480万円
周東 2017年 育成2位 支度金300万円 600万円

周東は育成ドラフト2位で入団し、2年目に支配下登録されました。

成績

シーズン盗塁数

 







周東:支配下一年目 2019 23 25 5 83%
鈴木:キャリアハイ 2008 30 30 5 86%
鈴木:通算 228 47 83%

周東は支配下登録一年目にして途中出場中心にもかかわらず、25盗塁を記録。いきなり走塁のスペシャリストの地位を確立しました。

主な獲得タイトル・表彰・代表歴

鈴木尚広の主な獲得タイトル・表彰

・ゴールデングラブ賞:1回(2008年)
・日本シリーズ優秀選手賞:1回 (2008年)

周東佑京の主な獲得タイトル・表彰

・フレッシュオールスターゲーム優秀選手賞:1回 (2018年)

・WBSC U-23ワールドカップ日本代表(2018年)
・WBSCプレミア12日本代表(2019年)

まとめ

両者とも50m走タイムは5.7秒と互角でした。若いうちから活躍している周東は鈴木の「通算盗塁数:228」、「代走での盗塁数:132(NPB記録)」という記録を超えることができるのでしょうか。

以上、『周東佑京 vs. 鈴木尚広』でした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です